西東京市予防接種情報提供サービス

ポリオ予防接種(個別)

最終更新日2012年11月1日

ポリオは「小児マヒ」と呼ばれ、わが国では1960年代までは流行を繰り返していましたが、現在は、予防接種の効果で国内での自然感染は報告されていません。しかし、現在でも、パキスタン、アフガニスタンなどの南西アジア、ナイジェリアなどのアフリカ諸国では、ポリオの流行があることから、これらの地域で日本人がポリオに感染したり、日本にポリオウイルスが入ってくる可能性があります。また、2011年には、中国において、再びポリオが流行するという事態が生じています。

◆平成24年9月1日から、ポリオワクチンは不活化ワクチンになりました◆

●接種について…合計4回
対象年齢:3か月から7歳半まで 
初回接種…3回
追加接種…1回
・初回接種1回目から3回目までは、それぞれ20日間から56日間の間隔をあけて接種。
・追加接種は、初回接種の3回目終了後、通常1年から1年半の間に1回接種。
※接種間隔は、接種日の翌日から数えてください。
※生ポリオワクチンからの変更に伴い、移行措置として3年程度は、対象年齢内であれば、接種間隔の56日間を過ぎても定期接種としてみなすことができます。
※平成24年10月23日から追加接種(4回目)につきましては、定期接種として認められるようになりました。

●予診票について
・生ポリオ用の予診票は使用できません。
・不活化ポリオ用の予診票は各医療機関においてあります。

【指定医療機関】
マイページ≫指定医療機関より検索してください

「西東京市個別予防接種実施指定医療機関一覧表」にある医療機関で受けてください。予防接種ができる日は、各医療機関によって異なり、ほとんどの医療機関が予約制になっています。
ワクチンの用意がない場合もありますので、必ずお問い合わせの上、接種日をお決めください。

【指定医療機関】
マイページ≫指定医療機関より検索してください

●転入された方等
予防接種履歴の確認のため、母子健康手帳をお持ちの上、健康課事業調整係窓口(保谷保健福祉総合センター4階)までお越しください。
母子健康手帳で未接種であることを確認させていただいた上、予診票を交付します。

●事情により他の市区町村で接種を希望される方
接種を希望される市区町村に、事前にお問合わせいただいた上、健康課事業調整係までご連絡ください。

●ポリオワクチンの詳細については以下のページをご覧ください。
厚生労働省(ポリオワクチン)のページをご参照ください。
≪戻る