西東京市予防接種情報提供サービス

ヒブワクチン予防接種(個別)

最終更新日2014年4月25日

ヒブワクチンは、平成25年4月1日より定期接種となりました。
接種費用につきましては、無料となります。
接種を希望される方は接種の効果や副反応など、医師とご相談のうえ、ご利用ください。

◆ヒブワクチンとは◆
乳幼児に細菌性髄膜炎を起こさせる細菌の約50パーセントがHib(インフルエンザ菌b型)といわれています。ヒブによる髄膜炎は、特に0歳から1歳に多く、ヒブへの抵抗力は年齢とともに上昇します。髄膜炎にかかると、命に関わる場合や深刻な後遺症(聴覚障害、発育障害など)を残すことも少なくありません。その他にも、肺炎、喉頭蓋炎、敗血症などの重篤な全身感染症を引き起こすことがあります。 

●対象者
市内に住民登録のあるお子さんで、接種時に生後2か月から5歳に至るまで(5歳の誕生日の前日まで)の方
※但し、接種回数・間隔を越えてしまった場合は原則自費となります。

●接種の回数・間隔
回数および間隔
1.接種開始が生後2か月以上7か月に至るまで
27日以上、標準的には56日までに3回接種(初回接種)、その後7か月以上、標準的には13か月までに1回追加接種(計4回)
(初回接種において、医師が必要と認めた場合は20日の間隔で接種可)
※2回目および3回目は1歳を超えた場合は行わない(追加接種は可能。その場合、初回の最後の接種から27日以上あけて接種する)

2.接種開始が生後7か月以上12か月に至るまで
27日以上、標準的には56日までに2回接種(初回接種)、その後7か月以上、標準的には13か月までに1回追加接種(計3回)
(初回接種において、医師が必要と認めた場合は20日の間隔で接種可)
※2回目は1歳を超えた場合は行わない(追加接種は可能。その場合、初回の最後の接種から27日以上あけて接種する)

3.接種開始が1歳以上5歳に至るまで 通常1回
具体的な接種間隔等はかかりつけ医と相談しながら計画を立ててください。

●接種の流れ
(1)接種場所
市内の指定医療機関、もしくは契約医療機関
契約外の市外の医療機関で接種希望の場合は助成対象外となります。
また、払い戻し制度はありません。

(2)予約
希望する医療機関へ予約を入れてください。予約方法などの詳細は各医療機関にお問合わせください。他の予防接種との接種間隔にご注意ください。

(3)接種方法
平成25年4月より生後2か月になる前のお子さん宛に、予診票セットを送付しています。ヒブワクチンの予診票も入っていますのでご利用ください。お持ちでない方は、母子健康手帳をお持ちの上、医療機関に置いてある西東京市専用の予診票をお使いください。
※転入者の方は、健康課までご連絡ください。

【指定医療機関】
マイページ≫指定医療機関より検索してください

◆健康被害に対する救済措置◆
健康被害が生じた場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づき医薬品副作用被害救済制度と西東京市が加入する予防接種事故賠償保障により救済します。
≪戻る